大津京おおくぼ歯科医院では「歯」に関する様々な情報・ご質問を随時更新しております。

よくある質問イメージ

よくある質問

よくある質問イメージ

むし歯 / 予防歯科 / 歯周病 /

Q
唾液検査であなたのお口の中の健康状態がわかります。
A

唾液検査であなたのお口の中の健康状態が5分で結果がわかり、患者さんの予防・管理をしっかりと把握できます。

検査では6項目(むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニア)を測定し、結果シートで虫歯、歯周病、口臭のリスクと口腔内の状況が一目でわかります。

当院では情報番組でも紹介された最新の「多項目・短時間唾液検査システム SMT」※を導入いたしました(アークレー社製)。

この検査は採取した唾液から、虫歯(PH・酸緩衝能・虫歯菌数)、歯周病(たんぱく質・白血球)、口腔清潔度(アンモニア)などの全6項目を今までは不可能だった約5分という短時間で測定し、現在のお口の虫歯リスク歯周病リスク等を判定する画期的な方法です。

歯の健康に関する項目

  1. むし歯菌
    全ての殺菌に高い効果が期待できます。
  2. 酸性度
    唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすくなります。
  3. 緩衝能
    唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすくなります。

歯ぐきの健康に関する項目

  1. 白血球
    歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加します。
  2. タンパク質
    口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなります。

口腔清潔度に関する項目

  1. アンモニア
    歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加します。

検査方法

以下の方法で行います。とても簡単で患者さんに負担がかかりません。

検査結果は下の図のような形で印刷してお渡しいたします。


この多項目・短時間 唾液検査システム(SMT)が当院に通院される患者様のお役にたてばと考えています。

なお、費用は税別1500円です。