大津京おおくぼ歯科医院では「歯」に関する様々な情報・ご質問を随時更新しております。

よくある質問イメージ

よくある質問

よくある質問イメージ

Q
保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?(1)
A

歯科治療には、『保険診療』と『自由診療』の2種類があります。

保険診療は、どこの歯医者さんでも受けられる一定品質の治療です。ただ、治療手順や使用できる材料などにルールがあり、場合によっては治療に時間がかかってしまうことがあります。とはいえ、治療費の支払いが3割で済み、残りは国が支払ってくれるのです。

保険診療の長所は、なんと言ってもこの『治療費の安さ』にあります。しかし、短所もあります。

保険診療は、国の制約で決められた治療内容・治療回数・材質しか使えないということです。これには、かなりの制限があります。

皆さんもご存じのように、国の財政はかなり厳しく「少しでも医療費を削減しよう」という方針になっています。ですから保険の範囲で行える治療は『最低限の治療』となっており、私たち歯科医師が最高スキルを発揮できるような環境にはなっていません。

 

一方、自由診療は、国の制約を受けない治療内容・材料を用いることができます。保険診療と比較して、若干治療費が高額になってしまう反面、制約を受けないことにより、各歯科医師がベストであると考える治療内容を提供することができ、より良い歯科医療を受けることができます。

 

そして、入れ歯も同じように、『保険診療』でつくるものと、『自由診療』でつくるものがあります。

『国の制約を受けて作った入れ歯』と、『国の制約を受けず、患者様のニーズに極力お応えしようとして作った入れ歯』のどちらが良いのか? それはいうまでもないことだと思います。