大津京おおくぼ歯科医院は地域の皆様に愛される歯科医院となるようにスタッフ共々頑張っています。

スタッフ紹介イメージ

スタッフ紹介

スタッフ紹介イメージ

院長紹介

院長 医学博士 大久保康則

はじめまして。「大津京おおくぼ歯科医院」の院長大久保康則です。数多くある歯科医院のホームページから当院のホームページに訪問して頂きまして、ありがとうございます。
私たちは、患者さまが一生ご自身の歯で食事ができ、健やかな生活を送るためのお手伝いをさせて頂きます。
そのためには、最先端の医療技術および、質の高い予防医療を提供することが最も大切な使命と考え、患者さまに安心して来院して頂ける環境作りを目指します。それを実行するために、最新の医療設備を整え、プライバシーに配慮した半個室・完全個室の診療室、カウンセリングルームにおいて患者さまの訴えを真摯に受け取り、健康状態など全身的な状態をしっかり考慮に入れながら治療方針を決定し、治療内容をわかりやすく説明いたします。そして、納得頂いた上で治療を行う様努力を行います。
ぜひ地域の皆様に愛される歯科医院となるように頑張りますのでよろしくお願いします。

院長:大久保 康則

プロフィール

所属学会

  • 日本口腔外科学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • アジア口腔顎顔面外科学会

その他

  • 厚生労働省歯科医師臨床研修指導歯科医
  • 日本救急医学会認定ICLSコースインストラクター

略歴

昭和61年 私立洛星高校卒業
平成5年 東北大学歯学部卒業
京都大学医学部附属病院研修医(口腔外科学)
平成6–9年 市立長浜病院歯科口腔外科勤務
平成9–13年 京都大学大学院医学研究科博士課程
平成13–15年 英国サウサンプトン大学および米国カリフォルニア大学デービス校 組織再生修復センターにおいて博士研究員
平成15年 京都大学医学部附属病院医員
平成16–21年 京都大学助手、助教
平成21–22年 京都大学講師
平成22年–現在 京都大学非常勤講師

地域の方を対象とした歯の予防に関する講演会の模様。

医療関係者を対象とした講演会の模様。

マイベストプロ京都PDF マイベストプロ京都PDF

京都新聞社から取材を受けました。

院長:大久保康則の開業までの道のり

院長の大久保康則はこんな人生を歩んできました。

誕生~小学校時代

昭和42年京都市左京区で生まれました。私の両親は医療従事者ではないため医療と無縁な環境で育ちました。3つ下の弟がおり、いわゆる昭和の一般的な家庭であった様な記憶があります。当時我が家周辺はまだまだ空き地、山、川などがあり、近所の子供達と日が暮れるまで虫や魚を捕まえたり、野球などをして遊んでいました。当時の私は積極的にみんなを引っ張っていくタイプではなく、誰かが「この遊びをしよう」というとそれに楽しみを見いだすような、キャラの薄い人間だったと思います。

中学校~高校時代

中学からはテニスを始め、勉強そっちのけで練習しました。そのため中学では京都市の大会で2位になったり、クラブ活動を通じ多くの友人に恵まれ楽しい時代でした。しかし、引退後その代償はあまりにも大きく、すっかり勉強嫌いになってしまい(おまけに20kgも太ってしまいました)、浪人時代を送る羽目になりました。
しかし、ある一人の先生が呆然としている私に「医療の道が向いている」といってくれたことに私は感激し、この道で頑張っていくことを決意しました。その結果なんとか1年後に大学に入学することができました。

大学時代

大学は住み慣れた京都を離れ、初めての一人暮らしをみちのく仙台で送ることになりました。大学でもテニスを続けましたが、私の学年は私だけしかおらず(泣)、最終学年の時は自動的に主将になってしまいました。しかし、しぶしぶやってみると、部員のとりまとめなど苦労することもありましたが、やりがいがあり、その経験は今も生かされていると感じています。
また、アルバイトで家庭教師、塾講師など行いましたが、いまでいうコーチングということでしょうか。いかに生徒にやる気をおこさせ、そのモチベーションを維持させることが難しいかを学びました。それは大学時代で得られた大きな財産であると今感じています。なお、その合間に学業もなんとか行い無事卒業できました。

勤務医時代

卒業後は京都に戻り、京都大学で研修を行いました。研修は忙しく、入院患者の処置、手術、術後管理(歯科でも入院を要する病気はあり、それは歯科医が担当します)に1日の大半を費やしました。しかし、歯の事しか分からない歯科医よりも全身の事を理解出来る歯科医になるために、毎晩仕事が終わった後、一生懸命勉強しました。その後市立長浜病院で勤務しました。
その間数多くの口腔腫瘍の患者さまを担当することになりましたが、術後多くの患者さまが顎の骨を切除することによって食事ができない、顔が変形して外出しづらいという悩みを打ち明けておられました。
それを何とかしたいという気持ちが芽生え、骨の再生をテーマに研究を始めるために大学院に入学しました。大学院卒業後はさらに探求するためにイギリス・アメリカの大学に留学し研究を行いました。
留学後は大学病院で治療を行っておりましたが、長年お世話になった大津市で(余談ですが、長浜病院勤務の時より滋賀県に住み始め、滋賀県の生活環境の良さを気に入り、大学院時代から現在まで大津に住んでおります。)地域の皆様に、心の通う地域医療と、京都大学で行っていた高度な医療を併せて提供したい、という思いが強くなり、平成23年3月に大津京おおくぼ歯科医院を開院することになりました。

院長の関わった研究業績

英文書籍2本、日本語論文6編、英語論文43編、学会発表は多数なので割愛します。

書籍

  1. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, A. Hari Reddi.
    Chondrogenesis by a human bone morphogenetic protein-2 expressing adenoviral vector. In. : Recent research developments in biophysics & biochemistry, Eds: A. Brossi, R. A. Abramovitch, and K. Mori. Research Signpost, Trivandrum, p151-62 2005
  2. Yasunori Okubo, A. Hari Reddi, Kazumasa. Nakao, Noriaki. Koyama, Kenji. Osawa, Kazuhisa Bessho.
    Terminal differentiation of chondrocytes is stimulated by thyroxine. In. : Current topics in biochemical research, Eds: J. Barber, A. N. Martonosi, G. Ceve, and L. A. Pinna. Research Trends Ltd, Trivandrum, p57-62 2007

論文(英文)

  1. Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Shinsuke Hori, KenIchiro Murakami, Tadahiko Iizuka.
    Effectiveness of Kampo medicine (Sai-boku-to) in treatment of patients with glossdysa. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 86(6): 684-6 1998.
  2. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Yoshiaki Tani, Tadahiko Iizuka.
    Comparative study of intramuscular and intraskeletal osteogenesis by recombinant human bone morphogenetic protein-2. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 87(1): 34-8 1999.
  3. Yasuhiko Kiyozuka, Hiroaki Miyazaki, Katsuhiko Yoshizawa, Hideto Senzaki, Daigo Yamamoto, Kyoichi Inoue, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Kenji Kusumoto, Airo Tubura.
    An autopsy case of malignant mesothelioma with osseous and cartilagious differentiation: Bone Morphogenetic Protein-2 in mesothelial cells and its tumor. Digest Dis Sci 44(8): 1626-31 1999.
  4. Yasunori Okubo, Kazuhisa. Bessho, Kazuma Fujimura, Tadahiko Iizuka, Shinichi Miyatake.
    Expression of bone morphogenetic protein-2 via adenoviral vector in C2C12 myoblasts induce differentiation into osteoblast lineage. Biochem Biophys Res Commun 262(3): 739-43 1999.
  5. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Tadahiko Iizuka, Shinichi Miyatake.
    Ossteoinduction by bone morphogenetic protein-2 via adenoviral vector under transient immunosuppression. Biochem Biophys Res Commun 267(1): 382-7 2000.
  6. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Yasuzo Konishi, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    Osteoinduction by recombinant human bone morphogenetic protein-2 at intramuscular, intermuscular, subcutaneous, and intrafatty sites. Int J Oral Maxillofac Surg 29(1): 62-6 2000.
  7. Yasunori Okubo, Kazuhia Bessho, Kazuma Fujimura, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    Effect of elcatonin on osteoinduction by recombinant human bone morphogenetic protein-2. Biochem Biophys Res Commun 269(2): 317-21 2000.
  8. Yasuzo Konishi, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Yasunori Okubo, Harumi Ozaki, Kenji Kusumoto, Tadahiko Iizuka.
    Bone induction by Escherichia Coli- derived recombinant human bone morphogenetic protein-2 variant with collagen as a carrier. Dentistry in Japan 36: 66-8 2000.
  9. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    Osteogenesis by Recombinant human bone morphogenetic protein-2 at skeletal sites. Clin Orthop 375: 295-301. 2000
  10. Ichiro Kurokawa, Kenji Kusumoto, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Hideto Senzaki, Airo Tsubura.
    Immunohistochemical expression of bone morphogenetic protein-2 in pilomatricoma. Brit J Dermatol 143(4): 754-8 2000.
  11. Kenji Kusumoto, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Jiro Akioka, Yaunori Okubo, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    The effect blood supply in muscle and an elevated muscle flap on endogenous tissue engineered bone by rhBMP-2 in the rat. Ann Plas Surg 45(4): 408-14, 2000.
  12. Kazuhisa Bessho, Yasuzo Konishi, Shinji Kaihara, Kazuma Fujimura, Yasunori Okubo, Tadahiko Iizuka.
    Bone Induction by Escherichia Coli-derived Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 Compared with Chinese Hamster Ovary Cell-derived Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2. Br J Oral Maxillofac Surg 38(6): 645-9, 2000.
  13. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    Effect of hyperbaric oxygenation on induced bone by recombinant human bone morphogenetic protein-2. Br J Oral Maxillofac Surg 39(2): 91-5, 2001.
  14. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Tadahiko Iizuka, Shinichi Miyatake.
    In vitro and In vivo Study of Bone morphogenetic protein-2 Expressing Adenoviral Vector. J. Bone Joint Surg 83-A: 99-104, 2001.
  15. Yasunori. Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Shinji Kaihara, Tadahiko Iizuka, Shinichi Miyatake.
    The time course study of osteoinduction by bone morphogenetic protein-2 via adenoviral vector. Life Sciences 70(3): 325-36, 2001.
  16. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    Expression of bone morphogenetic protein-2 in the course of osteoinduction by recombinant human bone morphogenetic protein-2. Clin Oral Impl Res 13(19): 80-5, 2002.
  17. Kris Partridge, Xuebin Yang, Nicholas M. P. Clarke, Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Walter Sebald, Steven M. Howdle, Kevin M. Shakesheff, and Richard O. C. Oreffo. Adenoviral BMP-2 gene transfer in mesenchymal stem cells: In vitro and in vivo bone formation on biodegradable polymer scaffolds. Biochem Biophys Res Commun 292(1): 144-52 2002.
  18. Toshikazu Suzuki, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Yasunori Okubo, Natsuki Segami, Tadahiko Iizuka.
    Regeneration of defects in the articular cartilage in rabbit temporomandibular joints by bone morphogenetic protein-2. Br J Oral Maxillofac Surg. 40(3): 201-6, 2002.
  19. Kazuhisa Bessho, Junya Sonobe, Shinji Kaihara, Mariko Kawai, Yasunori Okubo, Junichiro Maeda, Hideo Akagi and Tadahiko Iizuka. In Vivo Serial Changes in Bone Induction by E. Coli-Derived Recombinant Human BMP-2. Journal of Musculoskeletal Research, 6(1): 1-7, 2002
  20. Junya Sonobe Kazuhisa Bessho, Shinji Kaihara, Yasunori Okubo, Tadahiko Iizuka. Bone Induction by BMP-2 Expressing Adenoviral Vector in Rats Under Treatment with FK506. Journal of Musculoskeletal Research, 6(1): 23-9, 2002
  21. Kenji Kusumoto, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Jiro Akioka, Yasunori Okubo, Yibiao Wang, T. Iizuka, Y. Ogawa.
    Osteoinduction by recombinant human bone morphogenetic protein-2 in muscles of non-human primates. J Int Med Res, 30(3): 251-9, 2002.
  22. Kazuma Fujimura, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Kenji Kusumoto, Natsuki Segami, Tadahiko Iizuka. The effect of fibroblast growth factor-2 on the osteoinductive activity of recombinant human bone
    morphogenetic protein-2 in rat muscle. Arch Oral Biol. 47(8): 577-84, 2002.
  23. Shinji Kaihara, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Junya Sonobe, Kenji Kusumoto, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    Effect of FK506 on osteoinduction by recombinant human bone morphogenetic protein-2. Life Sci 72(3): 247-56, 2002
  24. Daniel Howard, Kris Partridge, Xuebin Yang, Nicholas M. Clarke, Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Steven M. Howdle, Kevin M. Shakesheff, Richard O. Oreffo. Links Immunoselection and adenoviral genetic modulation of human osteoprogenitors: in vivo bone formation on PLA scaffold. Biochem Biophys Res Commun. 299(2): 208-15, 2002
  25. Shinji Kaihara, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Junya Sonobe, Yasato Komatsu, Masako Miura, Shinichi Miyatake, Kazuwa Nakao, Tadahiko Iizuka.
    Over expression of bone morphogenetic protein-3b (BMP-3b) using an adenoviral vector promote the osteoblastic differentiation in C2C12 Cells and augment the bone formation induced by bone morphogenetic protein-2 (BMP-2) in rats. Life Sci. 72(15): 1683-93, 2003.
  26. Kazunori Hirata, Tomoo Tsukazaki, Aki Kadowaki, Keizo Furukawa, Yasuaki Shibata, Takeshi Moriishi, Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Toshifumi Komori, Akio Mizuno, Akira Yamaguchi.
    Transplantation of skin fibroblasts expressing BMP-2 promotes bone repair more effectively than those expressing Runx2. Bone 32(5): 502-12 2003
  27. Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Kenji Kusumoto, Toshikazu Suzuki, Natsuki Segami, Yutaka Ogawa, Tadahiko Iizuka.
    The preclinical study of recombinant human bone morphogenetic protein-2: Application of hyperbaric oxygenation during bone formation in low blood supply tissue. Int J Oral Maxillofac Surg 32(3): 313-7 2003
  28. Yasunori Okubo, A.H. Reddi.
    Thyroxine downregulates Sox9 and promotes chondrocyte hypertrophy Biochem Biophys Res Commun. 306(1): 186-190 2003
  29. Kazuma Fujimura, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Natsuki Segami, Tadahiko Iizuka.
    A bioactive bone cement containing Bis-GMA resin and A-W glass-ceramic as an augmentation graft material on mandibular bone. Clin Oral Implants Res. 14(5): 659-67 2003.
  30. Shinji Kaihara, Kazuhisa Bessho, Yasunori Okubo, Junya Sonobe, Mariko Kawai, Tadahiko Iizuka.
    Simple and effective osteoinductive gene therapy by local injection of a bone morphogenetic protein-2-expressing recombinant adenoviral vector and FK506 mixture in rats. Gene Ther. 11(5): 439-47 2004.
  31. Aki Kadowaki, Tomoo Tsukazaki, Kazunari Hirata, Yasuaki Shibata, Yasunori Okubo, Kazuhisa Bessho, Toshifumi Komori, Noriaki Yoshida, Akira Yamaguchi.
    Isolation and characterization of a mesenchymal cell line that differentiates into osteoblasts in response to BMP-2 from calvariae of GFP transgenic mice. Bone 34(6): 993-1003 2004.
  32. Junya Sonobe, Yasunori Okubo, Shinji Kaihara, Shinichi Miyatake, Kazuhisa Bessho.
    Osteoinduction by bone morphogenetic protein 2-expressing adenoviral vector: application of biomaterial to mask the host immune response. Hum Gene Ther. 15(7): 659-68 2004.
  33. Kenji Kusumoto, Kazuhisa Bessho, Kazuma Fujimura, Yasunori Okubo, Yibiao Wang, Naoko Kakudo, Yutaka Ogawa.
    Tissue reaction at the implantation of recombinant human bone morphogenetic protein-2 into the skeletal muscle. Int J Tissue React. 27(4): 181-8 2005.
  34. Hiroyuki Takafuji, Toshikazu Suzuki, Yasunori Okubo, Kazuma Fujimura, Kazuhisa Bessho.
    Regeneration of articular cartilage defects in the temporomandibular joint of rabbits by fibroblast growth factor-2: a pilot study. Int J Oral Maxillofac Surg. 36(10): 934-7 2007
  35. Noriaki Koyama, Yasunori Okubo, Kazumasa Nakao, Kazuhisa Bessho.
    Evaluation of pluripotency in human dental pulp cells. J Oral Maxillofac Surg. 67(3): 501-6 2009.
  36. Kenji Osawa, Yasunori Okubo, Kazumasa Nakao, Noriaki Koyama, Kazuhisa Bessho.
    Osteoinduction by Microbubble-Enhanced Transcutaneous Sonoporation of Human Bone Morphogenetic Protein-2. J Gene Med. 11(7): 633-41 2009.
  37. Yasunori Okubo, Kenji Kusumoto, Kazuhisa Bessho.
    Accelerators of osteogenesis by recombinant human bone morphogenetic protein 2. Drug target insights 1(1): 55-60 2007
  38. Noriaki Koyama, Yasunori Okubo, Kazumasa Nakao, Kazuhisa Bessho.
    Experimental study of osteoinduction using a new material as a carrier for bone morphogenetic protein-2. Br J Oral Maxillofac Surg. 49(4): 314-8 2011.
  39. Kenji Osawa, Yasunori Okubo, Kazumasa Nakao, Noriaki Koyama, Kazuhisa Bessho.
    Osteoinduction by repeat plasmid injection of human bone morphogenetic protein-2. J Gene Med. 12(12): 937-44 2010.
  40. Noriaki Koyama, Yasunori Okubo, Kazumasa Nakao, Kazuma Fujimura, Kazuhisa Bessho.
    Pluripotency of mesenchymal cells derived from synovial fluid in patients with temporomandibular joint disorder. Life Sci 89: 741-7 2011.
  41. Kazumasa Nakao, Yasunori Okubo, Akihiro Yasoda, Noriaki Koyama, Kenji Osawa, Yu Isobe, Kazuwa Nakao, Kazuhisa Bessho.
    The effects of C-type natriuretic peptide on craniofacial skeletogenesis. J Dent Res 92: 58-64 2013.
  42. Yu Isobe, Noriaki Koyama, Kazumasa Nakao, Yasunori Okubo, Kazuma Fujimura, Kazuhisa Bessho.
    Comparison of human mesenchymal stem cells derived from bone marrow, synovial fluid, adult dental pulp, and exfoliated deciduous tooth pulp. Int J Oral Maxillofac Surg. 45(1): 124-31 2016.
  43. Kazumasa Nakao, Akihiro Yasoda, Yasunori Okubo, Shigeki Yamanaka, Noriaki Koyama, Kenji Osawa, Yu Isobe, Masako Miura, Kazuhisa Bessho.
    Anovel therapeutic strategy for midfacial hypoplasia using the CNP/GC-B System. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine and pathology 29: 10-16 2017.

論文(和文)

  1. 別所和久, 堀 信介, 高 済石, 大久保康則, 海原真治, 池永 立, 金田典子, 楠元貴司, 飯塚忠彦.
    舌痛症患者に対する柴朴湯の有用性について. 漢方医学18(5): 168-171 1994.
  2. 別所和久, 藤村和磨, 大久保康則, 飯塚忠彦.
    バイオアクティブボーンセメントの逆根管充填剤としての応用の可能性について-封鎖性についての実験的検討-. 日口外誌 44(12): 961-964 1998
  3. 小西康三, 別所和久, 藤村和磨, 大久保康則, 楠本健司, 飯塚忠彦.
    コラーゲンを担体とした遺伝子組み換えヒト骨形成因子による骨誘導に関する研究. 日口外誌 44(12): 951-955 1998
  4. 大久保康則, 別所和久, 高 済石, 金田典子, 堀 信介, 飯塚忠彦.
    解急蜀椒湯(TJS-022) の鎮痛作用に関する実験的検討. 日口外誌 45(2): 116-118 1999.
  5. 海原真治, 別所和久, 藤村和磨, 大久保康則, 園部純也, 楠本健司, 飯塚忠彦.
    アテロコラーゲンスポンジ(TERUPLUGR)を担体とする遺伝子組換えヒト骨形成因子の骨誘導に関する実験的研究?アテロペプチドコラーゲン(Cellmatrix LAR)を担体とした場合との比較?日口外誌 49(4): 241-245 2003
  6. 園部純也, 海原真治, 大久保康則, 河井まりこ, 楠本健司, 別所和久.
    遺伝子組み換えヒト骨形成因子によるラット下腿筋肉内骨誘導におけるニコチンの影響. 日口外誌 51(6): 274-9 2005

スタッフ紹介

歯科医師:増田 有泉

歯科衛生士 増田有泉

一般歯科を中心に、患者様が安心していただけるよう努めて参ります。お困りのことは何でもご相談ください。

院長より

お待たせしました。久々の女性の先生です。女性の患者さん、お子様の患者さんで女性の先生に診てもらいたい方、意外と多いです。その様な場合は是非お声かけ下さい。とても優しくてそれでいて熱心な先生です。

スタッフ構成

歯科衛生士5名

歯科助手3名

受付1名