大津京おおくぼ歯科医院では「歯」に関する様々な情報・ご質問を随時更新しております。

ブログイメージ

ブログ

ブログイメージ

2017.03.26

ぼくらが非情の大河をくだる時-新宿薔薇戦争-

おはようございます(*^^*)
昼間はとても暖かくなりましたね♪

朝と夜はまだ冷えるので、

本格的な春はまだ少し先でしょうか。

今年もなんとか冬を越せて一安心です(*´?`*)

冬生まれのくせして、本当に寒さに弱いです...

できることなら、季節が春夏秋だけであって欲しい...(笑)

早く暖かくなってくれたら嬉しいです♪

.

さて☆
前回のブログで予告していた、

東京で観劇したもう1つの舞台について書かせていただきますね♪

その作品は、

“中屋敷法仁リーディングドラマ

『ぼくらが非情の大河をくだる時-新宿薔薇戦争-』”

という朗読劇です。

.


.
---Story ---

舞台は都内の公衆便所。

そこは深夜、男が男を求めて集まる無法地帯。

正体不明の詩人がどこからともなく現れ、便所の壁や柱を撫で始める。

「満開の桜の木の下には一ぱいの死体が埋っている。深夜の公衆便所の下にも一ぱいの死体が埋まっている…」

詩人はそんな妄想を信じて壁や柱を愛おしそうに撫でる。

そこに詩人が入るために作られた、白木の棺桶を担いだ男が2人。

詩人の父と兄である。

奇行を繰り返す息子を追って、夜な夜な棺桶を担いで走り回ることに、心底疲れ果てた、父。

幻想の中にいる「強くたくましいおにいちゃん」でいるために、弟の混沌に寄り添い続けている、兄。

「にいさん、ぼくは気狂いじゃない。にいさん、ぼくを見捨てないで。にいさん……!」

詩人の叫びは、白昼夢のような真実を浮かび上がらせ、その幻想はやがて非情な現実となってゆく…

.

-----------------

という内容です。

.

朗読劇という、台本を持ったままお芝居をするスタイルの舞台でした。

私は朗読劇の舞台を観るのが、今回初めてだったのですが

台本を読みながらというのと、

ストーリーの奇抜さも相まって

観劇中に頭の中にハテナ“?”が飛び交いました(笑)

.

情景や人の動きなど、全てを表現する舞台と違い、

情景などを言葉だけで表現されていましたので、

まるで小説の世界を歩いているような感覚でした。

そして、俳優さんの気が狂った演技にすごく迫力があり

観ていて何度かゾッとしました。

.

いつもミュージカルを観ることが多いので、

初めての朗読劇、とても面白かったです♪

.

次は4月の上旬に大阪で1つミュージカルを観劇する予定ですので、

また感想書かせていただきますね♪

.
今日は日曜日♪

せっかく早起きしたので、今からレンタルしているホラー映画でも見ようかと思います(`・ω・´)

最近たくさんホラー映画見てるので、ブログのネタはしばらく尽きなさそうです♪(笑)

.

ではでは、皆さん良い日曜日をお過ごしください(*^^*)

.

こが♪